剣淵町

KENMBUCHI
JIMOTO
NO.O22
販売ページで
くわしく見る

ジモトート剣淵町は、2016年北海道日本ハムファターズ応援大使とのコラボレーションプロジェクトを通して作り上げたデザインです。

全体のデザインは、絵本の世界に剣淵町のモチーフを詰め込みました。
メインモチーフは、卵型の特徴的な建物「絵本の館」、話題の「軽トラマルシェ」、映画『じんじん』に出てくる「バス停」を起用し、エゾリンドウの花、トラクターとともに田園風景を表現しています。
また、サブモチーフとして、剣淵町のキャラクターにもなっている「アルパカ」を取りこんで温かみのあるデザインに仕上げました。

※1962年/剣淵町 町制施行|サイズ大 – 1,500円(税別)

土佐谷 麻里子
( トマレデザイン )※母が室蘭出身のどさんこハーフです。