下川町

SHIMOKAWA
JIMOTO
NO.117

下川町は林業と世界で活躍するスキージャンプ選手を数多く輩出している町なので、林業とスキージャンプ、そして町のランドマークである万里の長城を3つのテーマを柱にデザインしています。
下川町の林業は、トドマツとカラマツが主力とのことで、デザインの全体フレームを松葉をイメージしたイラストで構成しています。
スキージャンプは、シンプルにデザイン全体の象徴として空に舞うジャンパーを描き、万里の長城は、メインスポットである「塔」をアレンジして描きました。
ポイントには、「アイスキャンドル」と名物の「手延べうどん」、うどんまつりが開催される「にぎわい広場の列車」や特産品のアスパラとトマトを起用しています。
また、下川町の文字は町民だれもが馴染みのある「石のマーク」をイメージして表現しています。

※1901年/下川町 開拓元年

高橋明日香(5-1)